インドの子どもたちに、衛生的なトイレを届けたい!

 

 

不衛生なトイレは、多くの問題を引き起こしている

人口の半数が屋外で排泄している

人口の半数にあたる6億人が屋外で排泄をしています。プライバシーのない屋外のトイレに行きたくないという気持ちから、学校に行かなくなってしまう子ども少なくありません。

不衛生なトイレが、子どもたちの命を奪う

インドでは、一日に1,600人もの子どもが下痢症により命を落としています。

きちんとしたトイレがないと病原菌を含んだ排泄物が適切に処理されず、飲み水の水源や食品を汚染の原因となるためです。

女性が受ける被害

女性の立場の向上が課題であるインドでは、女性の30%が暴行を受けた経験を持っています。近くに基本的な衛生設備がないため、長距離を歩いて移動しなければならないことがその一因となっています。

 

 

 

 


ハビタットの対応

ハビタットでは、多くの人に適切な衛生設備を届けるため、 Sensitise 2 Sanitise (S2S)というキャンペーンをスタートしました。

・家庭へのトイレ設置

・地域内の共用トイレ設置

・トイレ習慣の改善

・学校での衛生教育

 

 

 

 


日本からも多くの支援を送り、ひとりでも多くの人が、衛生的なトイレを使えるようになることをサポートします。

 

支援企業である株式会社LIXILが行っている「みんなにトイレをプロジェクト」により、途上国向けに開発されたSaToトイレを寄付いただき、インドで20万基の設置を目指します。

 

みんなにトイレをプロジェクト

 

こちらよりご寄付をお願いいたします。

寄付の使途は「インドのトイレ設置を支える」をご選択ください。