この春から始まった日本の居住の問題に取り組む、国内居住支援プロジェクト:PHW( Project HomeWorks )のイベントを開催します!

Home Sweep Home 2017

参加者募集

日程 2017年9月16日(土)
時間 9:30~16:30(解散時間は変動あり)
集合場所

 カフェ潮の路 西部新宿線沼袋駅より徒歩15分(東京都練馬区豊玉南1-4-2)

募集人数

20名

活動予定

※状況により変更することがあります。

 

 

 

 9:30   カフェ潮の路集合・受付

 9:45   カフェ潮の路にて学びの時間

ハビタット・ジャパン 国内居住支援プロジェクトPHW:(Project HomeWorks)担当栗田より、ご挨拶、これまでの活動報告(約15分)

つくろい東京ファンド代表・立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任准教授稲葉剛先生による講義 (約1時間)

つくろいハウス相談員大澤さんからの活動報告(約30分)

グループディスカッションテーマ:「居住環境をボランティアが支援する意味」(約30分)

ディスカッションの発表・質疑応答など

12:15   カフェ潮の路にてお昼(お弁当の配布) 

13:00   各ボランティア現場へ移動開始(沼袋周辺)

※いくつかのボランティア現場へ分かれます。チーム分けはハビタットで行います。      

16:30   ボランティア活動終了・解散

※終了時間は現場により変動する場合があります。

参加費 1000円
その他

ハビタットオリジナルTシャツをご用意します。

お昼ご飯・飲料水500ミリリットル一本をこちらで用意いたします。

持ち物等につきましては、開催日が近づきましたら追ってご連絡いたします。

Home Sweep Homeは、国内居住支援プロジェクト:Project HomeWorks (PHW)の活動をより多くの方に理解し知っていただき、支援の手を届けたい、支援があることに気づいてほしいという願いを込めて、一日かけて、汗を流し、動き、学ぶ、はじめてのイベントです。

このイベントでは、国内の居住の問題への知識を深め、実際に居住環境を整備するボランティア活動を行うことができます。

この春にはじまったPHWでは、まだまだ、ボランティアをしたいと思っている人も、この支援に頼ってみようとする人にも、具体的に何をするの?何をやっているの?と疑問がいっぱいかもしれません。

 

この機会に、みなさんのアイデアと行動力をもって、このプロジェクトをより深め、広げていきたいと思います!

これまでPHWで支援したのは、高齢、独居、障がい、などそれぞれに生活に困難をもち、結果として住まいの環境が悪化した状態に陥っていた方々でした。

・例えば「ごみ屋敷」と呼ばれる状態のお宅が話題に上ることは多いですが、これはどこか遠い知らない、“特殊な人”の問題でしょうか?

・どうしてこういう状況になったのだろう?

・個人の問題だから自己責任なのだろうか?

普段は気づきにくいことかもしれません。
遠慮をして支援を受けたいという声を上げられずにいる人もいるでしょう。

でも、少し立ち止まって考えてみませんか?

日本に住んでいるからこそ見える国内のニーズを拾い、きめ細かい支援を行っていくためにはボランティアの力が必要です。

ハビタット・ジャパンに皆さんのちからをかしてください!

 

ハビタット・ジャパンの連携団体である一般社団法人つくろい東京ファンドも活動に協力してくださることになりました。

一緒に活動を広めていきましょう!

 

〈申し込み〉

ローマ字姓
(例:Suzuki)
※半角英数字

ローマ字名
(例:Taro)
※半角英数字

生年月日
※半角英数字
(例:1996/03/28)

性別

CC名※該当者のみ

アレルギー

緊急連絡先氏名

緊急連絡先との関係
(例:母)

緊急連絡先電話番号
※半角英数字