ハビタット・ジャパンは設立15周年目を迎えます

アジア太平洋地域の建築支援地にボランティアを派遣することから始まった日本の支援は
ボランティアや支援者と手を取りあうことで
国内外の住まいの問題に取り組むまでに活動は広がりをみせています


ハビタット・フォー・ヒューマニティ・ジャパンは本年11月19日に設立から15周年目を迎えます。アジア太平洋地域の貧困住居問題の解消を担って日本に事務局を開設して以来、ハビタットのミッションである「ハビタット・フォー・ヒューマニティは、住まい、コミュニティ、そして希望を築くため、人々と手を取り合いながら、信念を持って活動する」を実践し、団体の理念『誰もがきちんとした場所で暮らせる世界』の実現に取り組んできました。


ボランティアが国を越えて建築活動に参加する海外建築ボランティアプログラム「グローバル・ビレッジ・プログラム」への日本からの参加者は延べ1万人を超え、その数はアジア太平洋地域の中では最大規模にあたります。また、東日本大震災をはじめ国内の災害支援や居住支援「プロジェクトホームワークス」の取り組みに参加したボランティアの数は、延べ6,000名にのぼります。

 

 

日本国内の被災地や居住支援の現場で、家屋の修繕から清掃や物資配布まで、安心・安全に暮らせる居住環境を取り戻すべく支援にあたった家族は8,000世帯を上回ります。

 

ハビタットの活動に参加する学生団体(キャンパスチャプター)の数は日本全国40大学キャンパスまで広がり、北は北海道から南は熊本県、40のキャンパスチャプターで2,700名を超える学生が国内外のボランティア活動や募金活動、啓発活動、ネットワーキングに取り組んでいます。

 

これまでにアジア太平洋地域を中心に、20カ国以上で、安心・安全に暮らせる住まいを必要とする家族と共に

延べ1万人を超えるボランティアと手を取りあい

国内外で、住居の建築や修繕をはじめ、住まいの改善・確保に取り組んできました

 

ハビタット・フォー・ヒューマニティ・ジャパンは、これまでの15年を共に歩んでくださった支援者をはじめ、ボランティアの皆さま、またそのご友人やご家族をお招きし、お寄せくださったご支援・ご協力への感謝をお伝えする場として、またこれから5年、10年先を共に歩んでくださる仲間を募るための場として、設立15周年記念チャリティーパーティーを開催する運びとなりました。どなたでもご参加いただけるパーティーです。お知り合いの方などお誘い合わせの上、パーティーへのご参加をお願い申し上げます。詳細・お申し込み方法は9月上旬よりご案内いたしますので、まずは日程の方ご調整いただけますようよろしくお願い申し上げます。

開催日時:2018年11月28日(水) 19:00 - 21:30 (18:30より受付)
会場  :アンジェリオン オ プラザ東京(地下鉄京橋駅直結、詳細はこちらをクリックください)
会費  :10,000円 /名(キャンパスチャプター卒業生は7,000円)
     ※ビュッフェ形式のお食事にアルコールを含むフリードリンクをご提供いたします。
プログラム内容:
・15年の歩みとプロジェクトのご紹介
・東北からゲストによるスピーチ
(宮城県女川町を拠点に活動される「コミュニティスペースうみねこ」代表理事八木さん)
・歌手Yaeさんによるスペシャルライブ
歌手 加藤登紀子さんの次女 オフィシャルサイトはこちら
・ハビタット抽選会
・日本酒テイスティングバー
(東北復興支援の支援事業地から厳選して取り寄せた日本酒のテイスティングバーをオープン(別途2,000円/名)。ご参加くださった皆さまにはオリジナルのハビタットおちょこがついてきます)
・交流&歓談タイム

パーティーに参加する